オシャレなホームページの色づかいとは?

内容に合わせた色を選ぶ

ホームページの色は、内容に合わせて選びたいです。例えば世界のコーヒー紹介に関するホームページであれば、コーヒー豆から連想できる黒や茶色といった色が適しています。同様に飛行機に関するホームページであれば空を連想させる白や青を使うことで閲覧者に違和感を与えません。
適当な色を選んだり、内容に合わない色を選ぶと魅力的なホームページから遠ざかってしまいます。自分自身が緑色を好んでいる場合、コーヒーのホームページに緑色をふんだんに使ってもコーヒーが美味しそうに見えません。色は文字よりも先に目に入ってくるものなので、ファーストインプレッションが大切になります。見た目が美しいと感じると閲覧者はホームページを見てくれます。

不快な色は使いたくない

色は閲覧者に大きなインパクトを与えるので、あえて刺激的な配色やチカチカするような色を使うと閲覧者の記憶に残ります。記憶には残るものの、良いホームページだと思っていただけるかは分かりません。見ていて目がチカチカするので、不快だと思われてしまうと閲覧者は離れてしまいます。
ただ、商業目的のホームページの場合多少攻めた配色でインパクトを与えないと売上に影響します。その場合、画面全てを刺激的な色にするのではなく、強調したい部分だけ色を変えると良いです。画面全てをカラフルにしてしまうと、結局何をウリにしたいのか閲覧者が把握できず困惑します。
このように一口に色と言っても、そのホームページの運命を左右するような効力があるので慎重に選びたいです。

ホームページ作成の見積もりをしてもらいたいときには、インターネットから無料で申し込むこともできます。

© Copyright Homepage Layouts. All Rights Reserved.